2014年06月30日

僕は・・・パックスです。

去年の6月23日、チビを迎え入れた保護団体「アルマ」より、
ミニピン♂2歳の犬(笑)がレスキューされていて、
クロを亡くし1年が過ぎ、少しずつ気持ちの上で、色んなことを受け入れられるようになってきた頃、この話を伺い、チビをつれて会いに行きました。

当初、旦那さんは、チビがいるし、相性もあるんだし、うまくいかなかったら、
チビにもストレスになるし、よく考えなくては・・・と、言われていたんです。
現に、チビは当時去年で、我が家に迎えて7年、2歳でいうことを聞かないからと捨てられてしまったので、犬生として、9年になり、
軽度ですが僧房弁弁膜不全と、胆嚢に胆泥から胆石になったものをもっているので、
月1で、エコー検査が必須でもあり、投薬しているので、環境の変化があると、
影響がでることもあり、とても悩みました顔(泣)
白内障も入ってきていて、簡単に判断できることではなく、連日旦那さんと
話し合い、預かりスタッフさんとも話をして、一度足を運び、
様子をしてみることにしました。

ところが・・・・、旦那さんはそんなパックスの姿をみて、お気に入り・・・顔(ペロッ)
IMG_2740.JPG
パックス・・・ラテン語で幸せとかそういう意味があるそうで、
       預かりママさんがつけてくださいました。

その日以降、数日旦那さんと話あい、トライアルしてみようと話になり、
トライアルへ進みました・・・顔(なに〜)
(パックス君は、マズルに何重にも針金で巻かれて、くいこみ、傷があります。
やんちゃ盛りで、何かやってしまったのか・・・顔(チラッ)それでも、相手は犬ですよ。
そこをいかなる時も向き合い、根気強く教えて教えて、ともに向き合うことで、
ワンステップしていくものだと思います。針金なんて、あまりにもひどすぎますむかっ(怒り)
何の解決したことにもならなければ、犬の為にもなりません。
苦楽を共に、頑張ることで、愛情にかわり、いとおしく思えるものですよね・・・?

旦那さんは、表現悪いですが、当時の飼い主を同じように針金で口や頭を巻いてやる!!爆弾と激怒していました。

犬(笑)とはいうものも、立派な生き物です。
命を大事に思ってほしいものです顔(泣)

【パックんの最新記事】
ニックネーム チビママ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パックん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3656899
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック